中小企業と「健康経営」

「健康経営」という考え方が最近、注目されています。経済産業省と東京証券取引所は2014年から、従業員の健康管理を経営的な視点から捉え推進している企業を業種区分ごとに「健康経営銘柄」として選定しています。「健康経営銘柄」は長期的な視点からの企業価値を重視する投資家から注目されています。①「経営理念・方針」②「組織・体制」③「制度・施策実行」④「評価・改善」⑤「法令遵守・リスクマネージメント」という5つの側面を調査し、評価の高い銘柄が「健康経営銘柄」として選定されています。このように大企業においては、「健康経営銘柄」や日本政策投資銀行による「健康格付」などのインセンティブが与えられ、「健康経営」に積極的に取り組む企業は社会的な評価を受けることができる仕組みが整いつつあります。
一方で、中小企業においてはこれらのインセンティブを受ける仕組みは十分に整備されていません。しかし、企業の大小を問わず企業にとって従業員の心身の健康というのは重要な経営資源です。「健康経営」とは「従業員の心身の健康を企業競争力の源泉ととらえ、企業として戦略的かつ積極的に従業員の健康増進に取り組むこと」です。企業活動は従業員の健康の上になりたつというごく当たり前のことを言っているだけのことです。
「健康経営」は、経営者・管理者の従業員の心身の健康に対する思いが従業員に伝わり、トップダウンで全社的に推進していくことで効果をあげていきます。企業活動を行っていく上ではどうしても目先の損得に目が行きがちですが、従業員の心身の健康への関心の高さが従業員の仕事へのモチベーションにつながり、業績も高めることにつながります。「従業員の心身の健康と幸せを実現すること」の実践を続ける企業の業績は総じて高いと言われます。中小企業においても「健康経営」を実践することは企業の長期的な企業価値を高めることにつながります。手始めに従業員の健康診断を受けっぱなしにさせず、必要な病院受診や保健指導を実施することから始めてみてはいかがでしょうか。
参考:日本政策金融公庫総合研究所「中小企業の健康経営」

医療法人社団 清水橋クリニック 労働衛生コンサルタント 医師 古川 泰

挿絵:special thanks gallery ogiwara

2016年04月15日